妊娠に至るタイミングが大事

産み分け妊娠は、いつ、どのタイミングで営みをするかが重要です。男女が分かれるのは精子の遺伝子に依ります。X染色体を持つ精子が受精すれば女の子、Y染色体だと男の子です。元々女性の膣内は酸性が強くなっています。一方Y染色体は酸性に弱い特徴があるので、卵子には届きにくいことになります。ただ、排卵日は酸性が最も弱まる時なので、男の子が欲しい場合はこのタイミングで営みをすると確率が上がります。逆に女の子が欲しい場合は排卵日の2日ほど前に営みをすることで、排卵日当日に酸性に強いX染色体が残りやすくなり、結果女の子を妊娠しやすくなります。

男女を産み分けする方法

妊娠を望んでいて、男の子が欲しい、または女の子が欲しいという希望がある場合に、産み分けということは実際には可能なのでしょうか。実は、簡単な方法としては、タイミング法によるやり方です。つまり、赤ちゃんを作る際の精子には、男の子になる精子と、女の子になる精子があります。それぞれ、男女の精子によって、生存可能な期間が違うため、その受精のタイミングを狙って妊娠するという方法です。女の子の精子は生存期間が長いので、排卵日より数日前にタイミングを取ると、排卵日に生き残った女の子の精子だけが受精します。逆に男の子は生存期間が短いので、排卵日当日がいいというわけです。しかしあくまでタイミング法は、確率が上がるだけなので、確実な結果にはならないということは知っておいて下さい。

↑PAGE TOP