• トップ /
  • 産み分けによる妊娠について

妊娠したい人が産み分け

男の子が欲しいとか女の子が欲しいなど、希望がある人はたくさんいるでしょう。そのような時、自然妊娠に任せていては中々希望の性別の赤ちゃんを授かる事が出来ないという事もよくあります。そのような時、妊娠の産み分けを考える訳ですが、いきなり病院に行くのは敷居が高いという方もいるでしょう。そのような時、自宅で食事により効果のある方法があります。それは男の子希望の人は、性行為の30分から1時間ほど前に、男性がカフェインを含んだ食べ物や飲み物を摂取する事です。そうすると精子が活発になり男子が生まれやすいのです。色々ありますが、簡単に摂取出来る物なら栄養ドリンクでしょう。

男女で産み分けするには

妊娠はとても嬉しいことであり、男女どちらの赤ちゃんを授かっても可愛いものですが、二人目や三人目になると、上の子と違う性別の子が欲しいため、産み分けを考える方が多いようです。そのためには排卵日の特定が重要で、男の子なら排卵日当日、女の子なら排卵日三日前くらいを狙うと良いとされています。自己流でチャレンジする場合は、成功率はそんなに高くないようですが、病院に通ったりすると70%くらいの成功率になるようです。性別を選択しようとすると妊娠率も下がるので、いつまでも子どもが授かれないようなら早めに病院に相談した方が良いでしょう。

↑PAGE TOP