• トップ

自分たちで産み分けする方法

生まれてくる赤ちゃんは妊娠するタイミングをコントロールすることで男女を産み分けることができます。性別はXとYの性染色体の組合せで決まります。組合せがXXの場合は女の子、XYの場合は男の子です。卵子はXの染色体しか持っていませんが、精子にはXの染色体を持つものとYの染色体を持つものに別れていて、Xの性染色体を持つ精子が受精すれば女の子、Yの性染色体を持つ精子が受精すれば男の子が生まれるという仕組みです。Yの性染色体はXの性染色体に比べて量は多いものの寿命が短いという特徴があるために、男の子を妊娠したい場合は排卵日に、女の子の場合は排卵日の2日くらい前に性行為をすることで確率が高まります。さらに高めたければ病院で人為的にコントロールする方法もあるので相談してみても良いでしょう。

男女を産み分ける方法

生まれてくる子供の産み分けには精子の数の調整が必要になります。仕組みを理解した上で性交渉を行うことで希望の性別の子供を妊娠する確率が高まります。人の体細胞には46本の染色体があり、そのうちの2本を性染色体といいます。この性染色体がXとYが1本ずつのXY染色体であれば男性、Xが2本であれば女性となります。卵子はX染色体のみを持っています。つまり、男の子ならY染色体を、女の子ならX染色体をどれだけ多く卵子に届けるかで性別が左右されるのです。男の子の妊娠の場合は性交渉前に3〜5日程度禁欲を行い、Y精子の濃度を上げる良いとされます。また、女の子の場合には女性がオーガニズムを感じてX精子を弱めるアルカリ性の粘液が分泌されないよう、性交渉はあっさりとしたものを心がけましょう。

↑PAGE TOP